今どきの50代は若い?

今どきの50代は若いというのが世間一般の見方です。とくに、スキンケアとはっきり言わないまでも、化粧品を変えるなどの対策が立てやすくなったなど、環境が整ってきたことも大きいようです。

 

基礎化粧品の見直しを

 

50代ともなると、閉経を迎え、更年期にさしかかるようになります。お肌にも大きな影響を与え、それまで使ってきた化粧品が、急に合わなくなるケースがあります。この時期のスキンケアとは、基礎化粧品の見直しをする絶好の機会であるのです。
人間の体は、加齢とともに水分が減っていき、本当にお肌が枯れた状態へと変わっていくものです。ですが、スキンケアとは、うるおいを補給することで、肌トラブルの多くが治まるものです。50代以降のスキンケアとは、保湿ケアがキーワードになるのです。セラミドやヒアルロン酸など、さらにそれらの浸透型の成分配合なら、さらに効果的にケアできます。
若いときはサッパリ系の化粧品が好きだった人も、50代になったら、化粧品、美容液、クリーム等々すべて保湿系に切り替えるのがポイントです。化粧品メーカーはよく夏になると、美白キャンペーンで関心を引こうとしますが、無視するのが無難です。美白化粧品にも保湿成分が入っていれば問題ありませんが、50代以降となると、スキンケアとは夏でも保湿ケアが基本になるのです。

体の内側から肌力アップ

スキンケアとは、外から働きかけるだけでなく、50代からは体の内側から肌力アップさせることも重要ポイントとなります。たとえば、クリームを塗ったついでのマッサージは、肌力アップに効果的です。
50代の人が手軽にできるスキンケアとは、マッサージを最たるものでしょう。まず手のひらで、こめかみに中指が、耳たぶの後ろのくぼんだ部分に親指があたるように、両頬を包んでから、軽くハンドプレスします。2、3回のプッシュで、血行アップが期待できます。
次に、その手で、顔を横に広げるよう引っ張り、ついで斜め上にリストアップします。かんたんなマッサージですが、リンパの流れを促し、老廃物の排出を促す効果が期待できます。
スキンケアとは関係なさそうですが、ツボ押しにも挑戦する価値があります。唇の左右の端から1cmほど外側にある地倉(ちそう)、喉仏の高さで耳から鎖骨の喉側にかけての後ろ部分にある天窓(てんそう)が、役に立ってくれるでしょう。
地倉は、左右それぞれ人差し指の腹をあて、左右同時に垂直に押します。天窓は、人差し指の腹をあて、筋肉の境目を引っかけるように押すのがコツです。ツボ押しでは、50代からのたるみがちなフェイスラインを引き締め、見た目年齢を下げる効果が期待できます。

 

するしないで同級生でも親子並みに

 

スキンケアとは、高い化粧品を使わずとも、身一つでできるケア方法も多数あります。50代からは、見た目年齢がするしないで同級生でも親子並みに格差が出てしまうのは動かしがたい事実なので、やらない方法はないでしょう。