50代の化粧品選び・ファンデーションは?

年齢を重ねると、ついつい若い人と比較してしまって、見た目の自分にだんだん自信を失いがちです。ですが、人生の黄金期を迎えると捉え、50代こそおしゃれを楽しむべきで、ファンデーションはメイクの仕上がり具合を左右する重要アイテムにあげられます。

 

リキッドタイプがベスト

 

ファンデーションには、リキッドタイプ、パウダリータイプ、クリームタイプとあって、どれを選んだらよいか、化粧品のプロでも意見が分かれるところです。ですが、50代になったら迷うことなく、リキッドタイプがベストです。
パウダリータイプはたしかに、利便性で人気があります。ファンデーションをパフにつけてサッと顔に塗るだけの作業で、仕上げにおしろいをたたく手間もありません。
ただ、パウダリータイプは、色つきの粉体を油で固めたものです。かんたんに塗れる化粧品なのがメリットですが、汗や皮脂で化粧くずれしやすいのがデメリットです。しかも、独特のマット(ツヤ消し)感があるため、ただでさえお肌のツヤがなくなりかけている50代には、とうてい不向きなのです。
対して、リキッドタイプは、乳液のように使えるので、化粧品が比較的お肌になじみやすいのがメリットです。しかも、化粧くずれも起きにくいので、50代のメイクを楽にしてくれます。
それでも、化粧品を使ってうるおいが不足する場合は、クリームタイプがオススメです。もっとも、ファンデーションの使い分けは、あくまで一般論なので、自分はバウダリーだとかリキッドだとか、お肌に合えばそれでよしです。

一段くらい濃い目がベスト

ファンデーションは、色もバラエティ豊かで悩ましい限りですが、結論からいえば、50代からは色は自分の肌よりも一段くらい濃い目がベストです。美白化粧品が大流行の昨今ですが、化粧品のベースはむしろその反対を行くくらいで丁度いいのです。
昔から、色の白いは七難(しつなん)隠すというくらい、日本では50代でも美白志向が濃厚です。ですが、化粧品を使うにあたり、ファンデーションの白は逆に、シミなどの難点を強調し、第一お顔を大きく見せてしまいます。バックが白ければ少しの汚れも目立つのは明らかで、50代からのお顔の地になる色は、ちょっと濃い目がいいのです。
化粧品カウンターでは、明るい色を勧められるのがお約束ですが、ファンデーション選びの際は、わが道を行くのが適当です。50代からは、ファンデーションはちょっと濃いと思うくらいの色を使うと、お顔が引き締まってみえて満足度があがります。

 

ホットフラッシュにも柔軟対応

 

50代女性の多くは、更年期障害に悩まされることになります。とくに突然、お顔がほてるホットフラッシュにも柔軟対応する姿勢が大切です。
お顔がほてるときは、ファンデーションは赤みの少ないタイプが無難です。それでも化粧くずれが気になる場合、化粧下地から一気に口紅やチークへ飛び、化粧品の使用を抑え負担を減らすのがベターです。